Cancer attack

Cancer attack

トラブルを防ぐために知っておきたい自由診療と保険診療について

病気の予防のために

日本人がかかりやすい病気を知っておくと、事前に予防することができます。日本人はどんな病気にかかりやすいのでしょうか。ランキング形式で見ていきましょう。

日本人がなりやすい病気ランキングTOP5

no.1

高血圧

安静状態での血圧が、慢性的に正常値よりも高い状態が高血圧です。高血圧になると、血管に負担がかかるため、動脈硬化のリスクが高まります。

no.2

歯の疾患

虫歯や歯周病などの歯の疾患が、第2位です。日本は、予防歯科後進国なので、虫歯や歯周病になる人が多いです。

no.3

糖尿病

糖尿病は、インスリンの作用が十分にできなくなる、血糖値が高くなっている状態です。子供や若年者にも見られる1型糖尿病、中高年以降に多い2型糖尿病などがあります。

no.4

遺伝子異常が発生して、細胞が増殖を繰り返してきた異常な細胞の塊が癌です。癌は、医療の進歩で新しい癌治療も誕生していますが、癌で無くなる人は右肩上がりで増えています。

no.5

脳血管疾患

脳血管疾患とは、脳梗塞や脳出血などの病気のことです。脳梗塞の大きな原因は、動脈硬化なので、第1位の高血圧と関連する部分があります。

かかりつけ医の選び方

自宅の近くにある

いつでも何でも相談できるようなクリニックが近くにあるのはとても心強いです。

相性の良い医師を選ぶ

相性が良い医師もいれば、悪い医師もいます。気軽に相談できる相手を探すことが大切ですから、実際にクリニックに足を運んで、相性の良さを確かめましょう。

わかりやすい言葉で説明をしてくれる

医師の中には、専門用語をたくさん使って難しく説明をする人もいます。しかしそれでは理解に苦しんでしまうので、わかりやすい言葉で説明をしてくれる医師を選んだほうが良いです。

時には専門医に紹介してくれる

かかりつけ医の役割は、精密検査や入院が必要な時に、専門医に紹介してくれることです。患者を抱え込まずに、専門医を紹介してくれるような医師は良い医師だと言えます。

家族構成に合わせて選ぶ

城東区の内科では、小児科や産婦人科の設けていなかったり、開業医は得意とする専門家を持っていたり、などどんな病気にも対応している医師は少ないです。ですから家族構成に合わせて、複数のかかりつけ医を持つのも1つの方法です。

保険診療と自由診療の違いをチェック

医者と看護師

トラブル予防

クリニックを利用する際は、トラブルを起こさないためにも、保険診療と自由診療の違いについて知っておきましょう。

保険が適用される保険診療

保険診療とは、健康保険などの公的医療保険制度が適用される診療のことです。診療費用の3割負担というメリットがありますが、各疾患に応じて検査内容や治療内容に制限があります。

保険が適用されない自由診療

自由診療とは、保険が適用されない診療のことです。そのため治療費は10割負担となりますが、検査や治療の制限がないため、自分の納得いく治療が受けられるというメリットがあります。

保険診療と自由診療の併用の混合診療

保険診療と自由診療の併用する診療のことを、混合診療と言います。混合診療は、医療保険制度では認められていませんが、例外的に先進医療等の7種類と差額ベッド代等の10種類は混合診療が認められています。

先進医療

上記で説明した先進医療とは、厚生労働省が認める硬度な医療技術を用い他治療のことです。健康保険は適用されないのですが、将来的に適用が検討されています。