Cancer attack

Cancer attack

緩やかに進行していく乳癌と進行の判断基準のステージ

乳癌の進行の仕方

乳癌は、緩やかに進行することが多いですが、たまに早く大きくなるケースもあります。ここでは、乳癌の進行の仕方やステージについて説明します。

乳癌のステージ

レディ

しこりが作られる

乳癌は、最初に乳房でしこりを作りますが、しこりが作られずに広がっていく場合もあります。癌細胞が、乳房の外に広がることを転移と言います。乳癌から転移しやすいのは、リンパ節、肺、肝臓などです。

ステージの構成

乳癌の広がり具合を検査して、進行度を分類したものを、ステージと言います。ステージは、しこりの大きさ、リンパ節への転移、遠隔転移の有無などで判断します。

ステージ0期~4期について

ステージは0期~4期まであります。ステージ0はがん細胞が乳管内に留まっている状態、ステージ1はしこりの直径が2センチ以下で、転移がない状態です。ここまでを早期癌と言います。ステージ2からは、リンパ節への転移があったり、しこりの直径が5センチ以上あったりする状態です。